こんばんは!

chikoです!

掲載誌のお知らせです。
FullSizeRender

サンキュ7月号にちらっと載ってます。

見てみてね!



カーマさんでのダストボックスとツールスタンドの

FullSizeRender


ワークショップにご参加してくださった
みなさまありがとうございます!

開催店舗の半分が終了して、

カーマさんから素敵なお写真と共に

色々ご報告をいただいています!

カーマ春日井西店さん、

満席になったと聞いております!

のぞきに行こうと思っていたけど、

用事ができてしまい、

行けず・・・・。ごめんなさい


写真 2018-04-21 16 28 26

今回使う塗料はこちらの

ニッペ水性ウレタン塗料のウォルナット!

写真 2018-04-21 15 42 17

刷毛で1回塗りでカーマさんにお願いしています。

ウレタン塗料なので、推奨は刷毛です。

ウレタンというのは表面に塗膜をつくります。

そのためスポンジで塗ると塗膜を

剥がすような塗り方になるので、

刷毛でお願いしましたが、


写真 2018-04-21 15 42 56

刷毛の方が塗料ののりがよいので、

色が濃くなります。

もし、濃くしたくない!という方は刷毛ではなく、

スポンジで塗ってくださいね~!

刷毛よりも仕上がりの色は薄くなります。


塗料って深いので、

難しいなぁ。何買っていいかわからんな~!

という方も多いかと。

ポイントをお伝えすると、

色の濃さに影響する4つの要因

①塗る道具を刷毛、スポンジ、布等、変えることで、
同じ塗料と同じ木材でも色の濃さが変わります。


②木材の種類(杉、パイン、合板等)によって
同じ塗料でも色が濃くなったり薄くなったりします。

③同じ木材でも仕上げのヤスリの荒さに
よっても色の入り方が変わり
濃さに影響します。
荒い=濃い 細かい=薄い

④同じウォルナットでも塗料メーカーによって
色の濃さが違います。
ステイン、ニス、ウレタンニス、
オイル、ワックス、油性か水性かでも
違いがあります。

はい、この4つ。

テストにでますよ~!(笑)


色々試してみてね。

カーマさんでは、

6月後半のワークショップが控えています!

まだまだ募集中のお店もありますので、

お近くの店舗でご確認くださいね~!

IMG_9710


詳細はこちら



ブログ村ランキング応援お願いします♪


にほんブログ村 雑貨ブログへ

『もの、ごと』サイトに参加しています。

クリックするとこちらのサイトにジャンプします!








 instagram
WAGON WORKS
 


フォロワー 40600人

良かったらフォローお願いします。
wagon works インスタグラム    
        
       


良かったらLINEお知らせの登録を  

お願いします!  


すばやくお知らせします!(笑)
  
    

   

  

      
        WAGON WORKS(ワゴンワークス)
chiko(ちこ)

ライブドア公式ブロガー
DIYクリエイター・スタイリスト

著書『let's diy! カフェみたいなお家を作ろう』宝島社から発売中!

【WORKS】

DIY記事ライター(コラム、レシピ、新聞連載)
住宅、店舗、工房のリノベーションデザイン
インテリア空間スタイリング(CM)
SNS広告コンサル・セミナー講師
全国でワークショップ、イベント、講演
作家さん向けコンサル
市と空き家問題対策の取り組み
テレビ・ラジオ出演
DIY記事や番組等の監修